ぽんの雑談③ 最近のNFTの波について思うこと

 

「乗るしかない、このビックウェーブに!!」

2月に入って、突如としてNFT界隈に訪れた大きな波についてと、ぽんふぁむの今後について語っていきます。

 

ぽんふぁむのこれまでの経緯

 

NFTを始めて出品したのが10月、本格的にTwitterで宣伝活動し始めたのが11月で、

11月からは毎月複数のお迎えを頂き、現在までに17名のホルダー様との素敵な出会いがありました。

 

4か月間、自分たちのペースを崩さず、忙しい時は活動のペースを落としつつ、

モチベーションが上がったらここだ!と頑張るというマイペースで続けてきました。

 

ブログも毎日投稿するぞ!と張り切っていたのに、月1投稿くらいのペースで(笑)

 

気づいたら後から参入してきた勢いのある人達に追い抜かれて、置いてけぼりになってしまっていますね💦

ただ、それでも自分たちのペースは崩さず、のほほーんとしたぽんちゃんのキャラクターイメージそのままの

私達で今後も頑張っていきます。

 

大きな波が来た件

 

世界的に人気のNFTプロジェクトのひとつである、RKFKTに関わっている@benitopagottoさんが、

日本のアートを絶賛して、購入をする

→その流れで投稿を見た海外のコレクターがこぞって日本のNFTアートの購入

という波が来ました。

突然VolumeTradedが上がったというコレクションもあり、

凄い波にみんな熱狂しておりました。

 

かく言う私達も、もちろん波に乗りたい!と思っていたわけで、

拙いながら英語で投稿等もしてみました。

 

が、残念ながら届くことは無く、波に乗りそびれてしまいました。

 

NFTはサーフィン

 

ぽんは、少しだけですがサーフィンをかじったことがあります。

サーフィンって見た目のチャラさよりも、意外と地味でハードな競技なことを皆さんご存知でしょうか?

 

まず、沖まで、頑張って手で漕いでいかないといけません。

板があるため、バタ足が出来ないので、完全に両手の漕ぐ力頼み。

スタート地点までがまずハードです。

 

そして、沖に着いても、ひたすら波を待たないといけません。

大きい波が来ないと、綺麗に乗れないので、ひたすら波に流されないように待ち続けます。

 

やっと待ちわびた波が来ても、乗れないことがあります。

一つの波に乗っていいのは一人だけ、

これは事故防止の観点だったりするのですが、チャンスが来ても順番待ちで乗れないこともままあるのです。

 

頑張って漕いで沖まで行って、海の上で波に流されないように、絶えず漕ぎ続けて、来るべき時を待つ。

何となく思い描いていたイメージと違っている人もいませんか? 

 

でもこれで終わりではありません。

チャンスが来てからも大変です。

 

波に後れを取らないように漕ぎ続けないといけません。

圧倒的な瞬発力が求められるのです。

 

そして、無事に波に乗ることが出来たら、次はボードの上で立って、波を乗りこなさないといけません。

  

これって、NFTにも共通していることではないでしょうか?

 

日々の努力って意外と報われないことが多いと思います。

しかし、それをコツコツ継続して準備しているこそ、波が来たときにしっかり乗ることが出来るのです。

 

仮に運よく波に乗れても、その後まで考えておかないと、折角乗れた波も乗りこなさない可能性もあります。

 

日頃からの努力の大切さや、いつチャンスが来ても良いように備えておくことの重要性を今回の一連の出来事で学びました。

 

今回の波から学んだこと

 

結構波に乗るのは難しい。

思い返してみると、大小はあるものの、この4ヶ月の間に、色んなブームが起きていました。

 

今後、私達の作品が乗りやすい波が来ると思っています。

来るべき日に備えて、準備を進める事を続け、自分たちが乗れる順番が来たら確実に乗りこなせる。

そんな未来のために日々を頑張っていこうと思います。

 

いつか波に乗って大ヒット予定のぽんふぁむ作品なので、今が購入のチャンスですよ!(笑)

 

というわけで、ぽんの雑談でした。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

  

投稿は不定期ですが、また次回もお楽しみに~。

 

おすすめ