Giveaway はこうやってやってます!

NFTアートを始めたらまずはGiveaway したらいいのかな?と思っても、

なかなかGiveawayのやり方がわからない。募集してみたけど、人が来なかったらどうしようとか、

逆にたくさん来てしまったら手に負えなくなるかも💦とか、そんな初めての人が直面しそうな悩みと対策を伝授!

 

ぽんふぁむのNFTが初めて売れるまでの記事はこちら

 

Giveawayとは

Giveawayというのは、日本語で「無料サンプル」や「(販売促進のための)景品」と訳すことが出来ます。

特に皆さんが認識している無料でNFTを配布することで認識に大きく相違は無いと思います。

 

どうしてやるの?

目的は人それぞれだと思いますが、

✅NFTを初めてすぐはあまり認知されていなかったりするので、宣伝方法の一つとして

✅Twitter等SNSのフォロワーを増やすため

このあたりが主な目的になってくると思います。

 

Giveawayはするべきか?

物事には一長一短があり、当然Giveawayにもメリットがあればデメリットもあります。

<メリット>

・たくさんの人に知ってもらえる。

・SNSのフォロワーが増えて影響力が出てくる。

 

<デメリット>

・NFTというのは性質上非常に値付けが難しいため、無料配布してしまうと価値が下がってしまう。

 

メリットやデメリットを検討して、とりあえずやってみるではなく、

何を目的にGiveawayをするのか考えて取り組むようにしましょう!

目的に応じて、全員配布や抽選で〇名様というようにやり方も変わってきます。

 

Giveawayをやってみよう!

 

実際に私たちがGiveawayで使ったツイートがこちら!

目的としては、フォロワーが増えて欲しいということと、作品の認知度向上でした。

そのため、全員に配布という形を取りました。

 

注意しないといけないのが、Giveawayと言って勝手に送りつけてしまうと、

怪しいモノやスパムとして印象が悪くなってしまいます。

Twitter等のSNSで募集を行って、「欲しい!」と言ってくれる人に配るようにしましょう。

 

Giveawayを進める手順

①募集条件を決める。

目的によって、フォローを必須とするのか、RT(リツイート)を必須とするのか等条件を定めましょう。

当然参加する側の手順が少ない方が参加する敷居が低くなるので、多くの人に参加してもらえる可能性が高まります。

私は全員配布する際の管理の都合上、Googleフォームを利用しており、フォームの入力までを条件にしていました。

 

②下準備

抽選にする場合は、抽選方法やアプリの選定。

全員配布の場合は、自分で配布可能な方法の調査。

ここではそれぞれのパターンで、使えるいくつか方法を紹介しておきます。

 

【抽選方法】

①あたれら

Twitter上での抽選で一番メジャーな方法としては「あたれら」があります。

https://atarela.herokuapp.com/

Twitterから、該当ツイートのリツイート情報を取得して、リツイートした人を対象に抽選を行うアプリです。

透明性の高い方法として採用の余地があります。

 

②あたるぞ

これも同じようなツールで、Twitterからツイートの情報を取得して、

抽選を行ってくれます。個人利用は無料になっています。

https://ataruzo.net/

 

③エクセルで抽選

RAND関数を用いて生成される乱数を使用した抽選。

透明性という意味では、上2つに劣りますが、

条件などを自分で細かく設定したい。

アプリにTwitterを連動させたくない。

といった場合はこちらの方法もあります。

以前私のGiveaway企画で行った抽選の様子です。

 

【配布方法】

①手動配布

 

シンプルな配布方法です。手順としては以下の通りです。

 

1.アドレスを入手する。

 

2.Openseaで送りたい作品のページに行って、プレゼントのマーク🎁をクリックする。

 

3.送りたい個数と、送り先のアドレスを入力して、Transferをクリックする。

 

4.承認画面が出てくるので、Signして、承認する。

 

これで1件の送信が可能になります。

 

送付件数が増えてくると、手動での処理はなかなか大変になってきます。

リプ欄や、DMに記載の方法では、他の文字が入っていると、コピー&ペーストで簡単にできず、

範囲指定のコピーなど、手間がかかります。

 

そのため、私はGoogleフォームを活用しています。

参考までにGoogleフォームの使い方も紹介しておきます。

 

Googleのトップページの右側にある四角のマークを押すと、

 

 

このように、アプリが表示されます。

スクロールしていくと、Formsというアプリがあるので、起動します。

 

 

このアプリを使用すると、以下のように申込フォームが作成できます。

 

 

申込フォームのURLをGiveaway企画のTweetに記載しておき、

参加者に入力をしてもらうと、スプレッドシートにて集計されたデータが出力されます。

 

 

後は、ここで表示されるウォレットアドレスをコピーして、

Openseaのtransferで貼りつければ、参加者に送ることが出来ます。

ミスも減らせて、効率よく送付ができると思います。

 

②さらに効率よくGiveawayするには?

 

Googleフォームを使っても、手動でのtransferだと、

100件送るには小一時間くらいかかってしまうものです。

 

しかもOpenseaの調子が悪いと、何度もやり直さないと送れないことがあります。

 

Giveawayするにあたって、手数料が発生しても構わないという人は、

以下のサイトを利用頂くと、自動で送付作業を行ってくれます。

 

制作者:てんでん様 https://open-sea-utilities.vercel.app/multi-send

 

使い方は開発者のてんでん様のツイートにてご確認ください。

 

100件を超えてくるような配布には、この方法がベストな気がしています!

 

皆さんのGiveaway企画が上手くいくよう応援しています!

 

【関連記事】

ぽんふぁむのNFTが初めて売れるまでの記事はこちら

おすすめ